更年期障害のホルモン剤

更年期障害にホルモン剤が良いとされているのを知っていますか?どのような治療になるのでしょうか? - 更年期障害のホルモン剤

更年期障害のホルモン剤

更年期障害に悩まされた場合の治療法は、ホルモン補充療法が有名ではないでしょうか。
その名の通り、ホルモン剤を服用してホルモンを増やす治療です。
今回はホルモン剤と更年期障害についてお話します。

なぜ更年期障害が起こるのか

gera
まずは原因から考えていきましょう。
女性には2つのホルモンがあり、このホルモンのバランスが乱れたら体調が悪くなるという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。
2つの女性ホルモンをそれぞれ、エストロゲンとプロゲステロンと言い、エストロゲンは女性らしさをつかさどっています。
閉経から前後5年の10年間を「更年期」と呼び、この時期になるとエストロゲンの分泌が減少し始めます。
閉経が近づくと、一気に分泌量が低下し、ホルモンのバランスが崩れます。
またエストロゲンは、様々な機能の調整の作用もあるため、このホルモンが減少するとほてり、発汗、息切れなど更年期障害の症状が現れ、日常生活に支障をきたす場合もあります。

ホルモン剤による治療

ここまで話せば、ホルモン剤で何をしたいのかはわかるでしょう。
エストロゲンを体内に入れることで、減少を緩やかにするのです。
それにより諸症状の軽減を図ります。
同じホルモン剤で治療するものに、乳がん治療があります。
こちらの治療で使われるホルモン剤は、更年期障害の症状を緩和させるものとは逆に、エストロゲンが作られるのを抑えたり、エストロゲンの働きを抑えたりするものになります。

更年期障害のホルモン剤の副作用

ホルモン剤も薬ですから、副作用があります。
しかもホルモンは少量であっても、大きな作用をもたらしますので、副作用が起きやすいです。
ホルモン補充治療において代表的な副作用として、不正出血があります。
これは女性ホルモンの働きによるもので、体への悪影響はありません。
治療に慣れれば収まるため、1~2か月もすれば収まるようです。
また乳房の張りや、下腹部に痛みがあることもあります。
これも体が慣れるまで起きてしまう症状で、すぐに収まると言われています。
どうしても我慢できない時には、量や回数などで調整してなくすこともできます。
それから、子宮がんのリスクもあるとされています。
しかし同じ女性ホルモンのプロゲステロンと併用することでリスクを非常に低くできますし、エストロゲン単体であっても3か月以内であれば悪影響はないとされています。
また、近年乳がんリスクが高まるという話は見直されていますので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

どんなホルモン剤があるのか

htrsh
ホルモン剤は実は飲み薬だけではなく、貼り薬や塗り薬も存在します。
飲み薬は胃腸から肝臓に行って、血液の中に入るため、胃腸や肝臓に負担がかかります。
そのため胃腸の調子が悪い時には、使用できません。
貼り薬は耳慣れないかもしれませんが、パッチを貼ることで効果を得るものです。
へその横や腰に貼って、皮膚からエストロゲンを血中に入れます。
皮膚から直接取り込むため胃腸などへの負担が少ない代わりに、かゆみやかぶれといった皮膚症状が出ることもあります。
塗り薬も貼り薬と同様に、皮膚から血中にエストロゲンを取り込みます。
形状はジェルのようで、胃腸などへの負担軽減の代わりに、皮膚症状が出る恐れがあります。

何をしているのか知るのも大事

病気の治療を行う場合、ただ医師の指示に従うのもいいかもしれませんが、自分がいまどういう病気でどういう治療をして、どういう効果があるのかを知っていると回復までのイメージが付きやすいのではないでしょうか。


ホルモン剤の通販・個人輸入業者を徹底比較
http://www.okusurizukan.info/


trhs

Copyright(C)2016更年期障害のホルモン剤All Rights Reserved.